ELECFREAKS Octopus:bit (micro:bit用ブレイクアウトボード)

SKU: EF03405
価格
$12.90
在庫があり、発送の準備ができています

Frequently Bought Together

We Accept

American Express
Apple Pay
Mastercard
PayPal
Visa

Description

micro:bit breakout board is a kind of breakout board for micro:bit. It can lead out GPIO port, serial port, IIC port, and SPI port on the micro:bit board. The biggest feature of Octopus:bit is that it can switch electric levels for some GPIO ports, which makes micro:bit available to be adapted to 5V sensors.

PACKING LIST

1 x micro bit breakout board(Octopus:bit)

Features

Input voltage: 3.3V(powered by the edge connector of micro:bit)

Extend all the GPIO ports(P0~P16, P19~P20).

Beneath each I/O port, there are pins for VCC and GND. These pins are differentiated by different colors, which enable you to connect your extension module easily. The spread of pins is fully compatible with the Octopus series products.

With a voltage boosting module, you can shift the working voltage of P8, P9, and P11~P16 between 3.3V and 5V through the voltage switch.

Lead out the serial port, I2C port, and SPI port, among which I2C can connect 3 channels of I2C devices and SPI can connect 2 channels of SPI devices.

Available for direct serial port communication between two breakout boards.

Application

It is suitable for all conditions that require micro:bit GPIO such as programming education, smart device creation, and so on.

Pins & Connectors

Details

Standard GVS Port

Among the standard GVS ports, the working voltage of the yellow part(P0~P7, P10)is 3.3V, while the working voltage of the blue part(P8, P9, P11~P16)can be shifted between 3.3V and 5V through a voltage switch. Beneath each I/O port, there are pins for VCC and GND. These pins are differentiated by different colors, which enable you to connect your extension module easily. The spread of pins is fully compatible with the Octopus series products.

Voltage Switch

Sliding this switch, we can change the voltage of the blue IO ports(P8, P9, P11~P16)between 3.3V and 5V.

Working Range

Serial Port

The working voltage of the serial port is available to be shifted between 3.3V and 5V through the voltage switch. Connect TX to P8,RX to P12. The left pins are bidirectional serial port, which can run both input and output. The right female header is a one-way output serial port.

Dimension

Display

Example 1 Music Broadcast

Hardware Connection

Connect passive buzzer module to PO.

Code Example

micro:bit ブレイクアウト ボードは、micro:bit 用の一種のブレイクアウト ボードです。 micro:bitボード上のGPIOポート、シリアルポート、IICポート、SPIポートを引き出すことができます。 Octopus:bit の最大の特徴は、一部の GPIO ポートの電気レベルを切り替えることができることです。これにより、micro:bit を 5V センサーに適応させることができます。

マイクロビットブレイクアウトボード

包装内容明細書

1×マイクロビットブレイクアウトボード(タコ:ビット)

特徴

  • 入力電圧:3.3V(micro:bitのエッジコネクタから給電)
  • すべての GPIO ポート (P0~P16、P19~P20) を拡張します。
  • 各 I/O ポートの下には、VCC と GND 用のピンがあります。これらのピンはさまざまな色で区別されているため、拡張モジュールを簡単に接続できます。ピンの広がりはオクトパスシリーズの製品と完全に互換性があります。
  • 昇圧モジュールを使用すると、電圧スイッチを介して P8、P9、および P11~P16 の動作電圧を 3.3V と 5V の間でシフトできます。
  • シリアル ポート、I2C ポート、および SPI ポートを引き出します。そのうち、I2C は 3 チャネルの I2C デバイスを接続でき、SPI は 2 チャネルの SPI デバイスを接続できます。
  • 2 つのブレークアウト ボード間の直接シリアル ポート通信に使用できます。

応用

プログラミング教育、スマートデバイスの作成など、micro:bit GPIO を必要とするあらゆる状況に適しています。

ピンとコネクタ

ピンとコネクタ

詳細

標準 GVS ポート

GVS ポート

標準の GVS ポートのうち、黄色の部分(P0~P7、P10)の動作電圧は 3.3V ですが、青色の部分(P8、P9、P11~P16)の動作電圧は、3.3V と 5V の間でシフトできます。電圧スイッチ。各 I/O ポートの下には、VCC と GND 用のピンがあります。これらのピンはさまざまな色で区別されているため、拡張モジュールを簡単に接続できます。ピンの広がりはオクトパスシリーズの製品と完全に互換性があります。

電圧スイッチ

電圧スイッチ

このスイッチをスライドすると、青色の IO ポート(P8、P9、P11~P16)の電圧を 3.3V と 5V の間で変更できます。

以下の動作範囲を確認できます。

電圧スイッチ

シリアルポート

シリアルポート

シリアル ポートの動作電圧は、電圧スイッチを介して 3.3V と 5V の間でシフトできます。 TX を P8 に、RX を P12 に接続します。左のピンは双方向シリアル ポートで、入力と出力の両方を実行できます。右側のメス ヘッダーは、一方向の出力シリアル ポートです。

: このポートを使用するには、以下のプログラムに従って初期化する必要があります。

シリアルポート

寸法

寸法

画面

例 1 音楽ブロードキャスト

ハードウェア接続

パッシブ ブザー モジュールを PO に接続します。

音楽放送

コード例

コード例

ここのリンクからプログラム全体をダウンロードできます: https://makecode.microbit.org/_fAmC3WERHdR2

プログラム全体を micro:bit にダウンロードすると、ブザーがハッピーバースデーを繰り返し再生します。

Recommended for You